住まいの豆知識

収納を増やすときのポイント

生活していて「収納が足りない」「片付かない」と感じることがありますよね。
でもどう収納を増やしていいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
とりあえずで収納グッズを買っても、不要なものが多くては失敗しがち。
かといって、とりあえずものを減らそうとすると、それはそれで途中で疲れてしまいます。
ポイントを覚えて、スムーズに収納を計画しましょう。

まず整理しよう

持ち物の棚卸をしよう

収納を増やす時には「どこに・何を・どれだけ」収納したいかを把握することが大事です。
ちょっと面倒ですが、タンスや引き出しにしまってあるものをすべて出してみましょう。
全て出してみると「いるもの」と「いらないもの」の仕分けがしやすくなりますし、
どのくらいの頻度で使うものなのかを仕分けることもできます。

いらないものを捨てよう

同じものを複数持っていないか、前に使ったのはいつか、今後使うことはあるか…といった物差しで、「いるもの」と「いらないもの」を判断しましょう。
物を捨てるのは意外とエネルギーが要るもの。
使ってないけどまだ使える…といったものはオークションやフリマアプリに出品するという方法もありますが、捨てることに比べると手間も時間もかかります。
また今度…と後回しにしないで、モチベーションの高いうちにどんどん仕分け&処分してしまいましょう。

収納を増やそう

収納方法を考えよう

インターネットで収納を検索すると様々な収納術がでてきます。
写真を見て「こんな収納をしたい!」と思って収納方法の参考にする方も多いのはないでしょうか。
ただ、理想のイメージと自分の使いやすい収納は別の可能性もあります。
今、自分がやり易いと感じている収納、片付け難いと感じている収納を考えてみましょう。
自分にピッタリの収納のヒントが隠されているはずです。

サイズを測ろう

ボックスやラック、突っ張り棒にパーテーション…収納グッズはいろいろあります。
デッドスペースをできる限り作らない収納のためにはサイズの計測が大事。
計画している場所のサイズをしっかりと測っておきましょう。

デッドスペースを活かそう

例えばクローゼットの中には、奥の部分や扉の裏にデッドスペースがあります。
ここに棚を設置して、使う季節の限定しているものを収納したり、突っ張り棒+S字フックを使って小物をぶら下げるといった収納方法もあります。
壁面を収納として使う時に使えるのがパーテーション。見せる収納にもなるので、見た目にもオシャレになります。

まとめ

収納を増やす前に、あるものを整理して「いらないもの」を処分しましょう。
その後に必収納アイテムを買い足していくとムダがないと思います。

オススメ商品

LIXIL すっきり棚LIXIL アクセントボード