住まいの豆知識

ショールームを上手にまわる3つのポイント

家づくりやリフォームを検討する時に、1度は足を運ぶのがショールーム。
全国には様々なメーカーのショールームがあり、展示してある実物の「設備」や「建材」を見学することができます。
でも、ただ見学するだけじゃ勿体ない!
ショールームを上手にまわるためのに知っておきたいポイントをご案内します。

POINT1:とりあえず足を運んでみよう

ショールームにはたくさんの商品が展示されていますので、初めて訪れた方は、情報量の多さに圧倒されてしまいます。
便利な機能や流行りのスタイル…いろいろな商品を見ることができるので、ついテンションが上がってしまい、想定の予算を上回ってしまう…なんてことも珍しくありません。
ですから、まずは「ショールーム」に慣れるために、足を運んでみましょう。

最近では商品単体の展示だけではなく、コンセプトごとやテーマごとに空間の展示がされているショールームも多くり、生活や暮らしの雰囲気をイメージしやすくなっています。
商品の詳しい情報にだけ注目するのではなく、空間全体の雰囲気をつかみ、自分たちの家に置き換えて暮らしをイメージしてみましょう。

POINT2:何を見たいのかをリサーチしておこう

ショールームに行く前に、取り扱っている商品や価格帯についてある程度調べておくことをおすすめします。
気に入った商品が実は一番高いラインナップ…ということも少なくありません。
知ってからいくのと、知らないでいくのとでは、見えるものが違うはずです。

また、何が必要なのか、何を見るべきなのかを整理しておくことで、本当に必要な項目を把握することにつながり、不要な機能面でのコストアップを抑えることができます。

POINT3:予約しよう

予約をして行けば、ショールームの方が丁寧にわかりやすく商品について説明してくれます。

トイレを検討されている場合、設備メーカーのトイレを使ってみることをおすすめします。
商品が設置されており、実際に使ってみることができるので是非、試してみてください。

また、「高さ」に注意が必要になります。
ショールームでは靴を履いているため、ほんの少しとはいえ、裸足とは高さが違います。
少しの高さの違いで使い勝手は変わってしまうので、高さの関係するものは靴を脱いで体感することをおすすめします。

たくさん時間をかけることも大切ですが、効率よく進めるためにもこれらのポイントを活用してみてください。