住まいの豆知識

知っておいて損はない!?照明器具の種類

私たちが生活する中で、照明器具は多種多様に使われており、使用する場所や用途でいくつかに分けることができます。
ざっくりと簡単にではありますが、ご紹介します。

ペンダントライト


天井からコードやチェーンで吊るすタイプの照明のこと。
ダイニングテーブルの上を照らすような機能面重視の使い方だけでなく、デザイン性の高いものを使ってお部屋のアクセントとして使用することもできます。
和室や階段、吹き抜けなど、天井が高く、邪魔にならない場所にオススメです。

シーリングライト


部屋の全体照明として天井にとりつけるタイプの照明のこと。
広い空間を効率よく照らすことに適しています。
リモコンひとつで明るさや光の色を調整することができる、調光・調色機能が付いたものも増えています。

ダウンライト


天井に埋め込んで設置する照明のこと。
天井がすっきりするので、お部屋が広く見え、どんなインテリアでも邪魔をしません。
複数個で部屋全体を照らすこともできますし、部分的に明るくしたいところにだけ設置することもできます。
ほこりなどの汚れがたまりづらいので、お掃除が楽なのも魅力です。

シャンデリア


天井から吊り下げるタイプの装飾がついた照明器具のこと。
豪華なものからシンプルなものまで様々なデザインのものがあります。
リビングや吹き抜けなどの空間によく似合いますが、重量があるものなので、天井の強度などに注意が必要です。

スタンドライト


お部屋の隅に設置してアクセントとして使用するもの、テーブルやベッドの脇などに設置するような手元灯などがあります。
注意点としては、コードがあること。長くコードを伸ばして使うのは見た目に悪いですし、生活する上で邪魔にもなりますので、新築であれば設置したい位置にコンセントを用意しておく方がよいと思います。

フットライト


玄関や階段などの足元につける照明器具のこと。足元灯ともいいます。
夜間のみ点灯するものや、人感センサーがついているものもあります。

ブラケットライト


壁面に取り付けるタイプの照明器具のこと。
天井に照明が取り付けにくい階段や玄関、勝手口などに使われます。
リビングなどに補助照明として使われることもあり、お部屋のアクセントにもなります。

まとめ

本当に概要だけではありますが、照明の種類についてご紹介しました。
あかりは生活にはなくてはならないものですし、お部屋づくりの際にはアクセントになったり、雰囲気作りに使えたり…と、非常に重要なものになります。
実用性を考えつつ、気に入ったデザインを取り入れつつ。お好みの照明器具を選んでみてください。